1人で海外旅行

今まで、海外旅行は1度だけ。

学生時代にタイに7日間。

その時は帰国子女で、バリバリ英語を話せる人と一緒に行ったため、英語を話す必要もなく。

ーーーーーーーーーーーー

今回、GWにタイに行ってきた。

バンコクに4泊、プーケットに2泊。

そのうち、前半のバンコク2泊を1人で行ってきた。

マニラ空港でトランジット1時間というギリギリ計画。

だがboarding timeになってもゲートに飛行機がない。

とりあえずゲート付近の係員に話しかける。

聞き取れたのは「ディレイ」と「チェンジ」と「ミール」

「飛行機3時間遅延してるよ」

「ゲート変更するよ今から!」

「ご飯あるよ、受け取って」

的な。

その後、マニラ空港のアナウンスもあったが、全く聞き取れず。

空港のWifiで情報収集を行うも、1時間経過で自動切断。

こういう時の為に、サブスマホやタブレットを持っていくと良いかもしれない。

本来であれば17時頃にバンコクスワンナプームに着予定が20時過ぎてしまった。

当然周りは真っ暗。

今回前半2泊するのはスクンビット周辺の安い宿。1泊1000円ほど。

最寄りはBTSだが、エアポートリンクで向かう。

駅の下も真っ暗。タクシーを拾うもメーターは使ってもらえず。

60バーツで交渉。スマホを見せて場所を伝える。

が、彼らは英語が殆ど読めない。なのでGoogleMapを英語にしていても無意味だ。

道の名前など、タイ語で表示しないと意味がない。

だが何だかんだ、宿付近に到着。

タクシー「100バーツよこせ」

俺『60バーツって言ったよね』

タクシー「100」

俺『60』

タクシー「100」

俺『80しかもってない。ごめんね』

タクシー「100」

俺『はぁ!?持ってないわ。最初に60バーツっていったよね?(日本語)』

タクシー「OK」

本当はExchangeしたばかりなので5000バーツは持ってたけど。

宿に着いたのは21時頃。恐ろしいほど暗い。

チェックインしたいと伝える。

予約してると伝えたいが伝えられず。

reserve、resist、book

単語を沢山伝え、まいねーむを伝える。

どうにか中に入れてもらえた。

続きはまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です