英語学習の壁

「英語学習をはじめよう」といっても学習法や学習対象は沢山ある。

本屋さんに行くと「英会話、英単語、英文法、英熟語、TOEIC・・・」

と英語の中でも多様な本がある。

英会話

「これ、マジ聞くだけ!」

「1日1分でいいよ?」

「うちは1回1秒」

みたいな、手抜きで勉強できますよ系か

「ネイティブはこう言うよ!」

「学校じゃ教えてくれない!」

みたいなネイティブが日本で頑張って本を売るものなど。

どの本でも共通して「英語は耳から!」とかいう。

英単語

「TOEICにはここから出るぜ!」

「TOEIC600点ならこれだ!」

「昔からよくある系です」

などなど。多分どれもそこまで変わらない。

でも、英文の音声がCDに入ってたりする場合も!

英文法

「中学高校で習うやーつ、これ1冊!」

「英文法の基礎 初級」

みたいな、基本真面目。

英熟語

「ネイティブはこう言うぜ!」

「コロケーション」

など、基本真面目。

TOEIC

「TOEICやるならこれ!」

「これだけやれば600点!」

な。

 

本屋さんで多く平積みになっているのは英会話本。

これは勉強ではなくとっつきやすい感じ。

大袈裟に言うと「英語?勉強じゃないよ!」みたいな。

もちろん聞き流すだけで英語(会話、文法、単語)ができるようになるわけもなく

海外の子供は周りが全て英語、かつ親(教師)が近くに常時おり、

1日12時間ぐらいは英語漬けされ、

間違ったら訂正もある程度してくれ、

間違った発言しても誰も咎めず、、、、

という状態。

そりゃ英語できるわ。

好奇心MAX+起きてる間は英語を主に呟く、話す。

そりゃ英語できるわ。

日本人が1日10分英語聞き流すだけで英語出来るわ無いわ。

脳みそ日本語のままだわ。

ってことで、英会話系の本はあまりよくない。

次に英単語。

覚えられない。だって普段使わないから。

覚えても使えない。単語だけで話すとバカにされるから。

なのであまり良くない。

次、英文法。

英語ができない人=中学高校でも英語が出来てないと思う。

中学高校で英語が得意であった人は多分いま英会話スクールにでも通えば

まぁ普通に英語話せるんだろうと思う。

TOEIC400点前後の人は圧倒的に文法力が足りない。

「ん、でも中学の文法わかるよ?」って言う人、

This is a pen.

だけじゃないぞ。

「私は家に帰ると靴を脱ぎます。」

を瞬時に訳せるのかと。聞きたい。

 

家に帰る。 I get home.

靴を脱ぐ。 I take off shoes.

これらはできても

「私は、家に帰ると、靴を脱ぎます。」

をすららーっと訳せるのかと。

I take off shoes when i get home.

とかでいいから訳せるのかと。

訳せないなら英文法をやろう。

そうすれば文章の理解力が大幅UP。

次、英熟語

英熟語、というかコロケーションがわかると文章の理解力も、発音もリスニングもやりやすい。

それこそ be interested ( )

の( )の中に自然とinが入らないような人は論外だけど

こういうの、たくさん知ってるとリスニングもちょー楽。

 

英文法も英熟語も英会話系の本と比べると勉強系になってしまうけど、

TOEIC400点前後の人は勉強しないとまず伸びない。

独学で全く英語学習の正規ルートではない方法で400点取っても

次回もまた400点。繰り返されるだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です