FSIテストと事務手続き

北陸での生活も今日で3週間目。残りあと1週間とあっという間。

夏だけど、美味しいお寿司も食べ、金沢カレーも
「ゴーゴーカレー」「アルバのカレー」「ゴールドカレー」「チャンピオンカレー」と食べた。
個人的にはゴールドカレーがマイルドで、カツも揚げ立てで美味しかった。

日本での生活はあと2週間。
まずはフィリピンへ語学研修で2ヶ月、その後赴任先へ直行。
日本で出来ることをよく考え、気を引き締めて生活していく。

——

語学研修の効果確認の為に研修前にFSIテストを受けろと会社から指示。
3月ぐらいからずっと言われていたものの、いやだいやだと伸ばし続け、
渡航の2週間前という先週、やっと受験。

テストの形式は、ネイティブの面接官と15分間の会話を行う。
会社の商談室でのテストだったが、ネイティブと完全に二人きり。
最初に、テスト時間や評価段階の説明、ICレコーダーで録音するとのこと。
「プレッシャー感じてる??スタートするけど良い?」と録音開始し面接始まり。
テストの形式と注意事項説明を30秒ほど、その後質問がはじまる。
説明でテストの詳細は話すなと言われたのであまり書かないが、
大体10~15問ぐらい?名前などの簡単な質問から政治的な質問まで。
難しい単語も出てくるから「What does ~ mean?」ばっかり言ってた。
パニックになっていると15分なんてあっという間。

というか、英語が全くわからない人はどうするのか。
ちょっと前までTOEICのリスニングパートの例題と問題の区別すらつかなかったから
もしあの時点で受けてたらと思うと辛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です