語学留学1ヶ月

フィリピン語学留学にきて1ヶ月
繋がらないWifi、泥水の出るシャワー
写真はまた後日

今日は通信環境と交通事情を書くよ。

フィリピンの田舎の携帯通信環境

この地域にはGlobeとSMARTの2社がLTEを提供している。

2社とも通常のブラウジング程度であれば問題ない通信速度と提供エリア

料金は2社ともほぼ同一で、通信のみであれば1~2GB/weekでP70~90(150~200円ほど@20170901)

通信し放題のunlimitedプランはP999/month(月間2300円ほど)とかなり強気の設定で、800MB/dayの制限も有る。

たとえ制限を食らっても50~100kbps程は出るし、800MB*30day=>24GB/monthなんていう通信量はもはやモバイルではない。

ただ、旅行などの写真をuploadするとそんな制限は一瞬で引っかかるので注意必要。

語学学校のWifiもあるが、ほとんど使い物にならない。ダイヤルアップ並のスピード。

光回線を引く場合、相当高額になるらしい。なので家にインターネットを引くと行いっても、home-wifiのようなLTEを使用する常設モバイルルータータイプか、メタル回線らしい。詳細はわからん。

「ネット使えます」と書いてるカフェでもネット使えない場合もあるし、逆に4回線ぐらい契約して万全のところもある。

交通事情

この田舎には電車も地下鉄もない。それどころか信号すらあまりない。

移動手段として近距離はジプニー、トライシクル。中距離はタクシー、バス。長距離はバス。のような感じ。

ジプニー

トラックの荷台を座席にして、最大10~16人程が乗れる乗合バスのようなもの。

ルートが複数あり、車体にルート名が書いてある。

料金は均一で、いくら乗っても学生P5(11円)、一般P7(16円)と激安で路線によって異なるが、10kmほど移動可能で、ルート内であればどこでも乗り降り可能。

乗りたい時は手を挙げるか、雰囲気で乗り込み、座ってから下りるまでの間に料金を「バヤド」という掛け声と共に運転席側の隣の乗客へ手渡し。するとその客も隣の客へ「バヤド」と・・・バケツリレーで運転手まで手渡しされる。

下りる時は「ルガーラン」言うか、唇を鳴らす、天井を叩くなど様々な方法で降車できる。

少し離れたところや1ルートで行けないところへ行く場合は乗り継ぎをして行く必要があるし、混雑しているとスリもある、また基本的にオープンタイプなので排ガスがヤバイ。

運転手はその日暮らしらしく、3000ccはある車体なのにガソリンを入れる時は少しづつ(その時はP50で1.6Lほど)入れていて驚いた。

トライシクル

バイクや自転車の脇にサイドカーがついたようなもの。

1人、2人が乗るものと思っていたが、サイドカーに4人、屋根に1人、バイクの後ろに1人と6人ぐらい乗れるらしい。

実際に4人で乗った時は加速が鈍すぎて危ない。150ccほどのバイクに運転手入れて60kg*5人+サイドカーで350kgほど運ぶわけで、原チャで3人乗りするほうがまだスマート。

この子はルートが決まっておらず、タクシーのように使用できるが、メーターが無いので交渉となり、2~3kmで1人P10~20程度で、4人乗っても、6人乗っても一人あたりの金額はかわらない。

一度、トライシクルで30kmほど移動したときはケツが死ぬかと思ったし、振り落とされないように掴んでいる手が辛かった。

一番危険な乗り物だと思う。

タクシー

こっちのタクシーは基本的にメーターを使ってくれるし、何人でも乗れる。

通常のセダンでも後部座席に4人、助手席1人、運転手1人の6人乗りもOK。

SUVタイプであれば後ろのラゲッジスペースで体育座りで10人乗ったことも。

たまに運転手によっては追加料金取ろうとしたり、乗車拒否があるが、タクシーは無数にあるので違う子に乗る。

料金は・・・

初乗りP40でP3.5/300m 渋滞や信号の停車時はP3.5/2mim

たとえ10km移動して、停車が5分であればP162.5(380円ほど)と格安。

東京であれば初乗り410円(1km分込)80円/237m 80円/90secなので410+3280で3690円もかかる。

しかもフィリピンのタクシーはアホみたいに飛ばすのでジプニーの数倍は速い。

バス

バスは基本的に長距離&現地の人がよく使っている。普通の日本人はバンをチャーターする。

この前230kmぐらい移動するのに使用したが、山道だったので6時間乗車でP305(700円ほど) 東京ー名古屋が700円って。

またバスに乗るために1~2時間ぐらいバスターミナルのチケット売り場で待ち、最後の1時間は行列に立って並ぶ。

並ばずにチケットを買うことも、バスターミナルに行かずに途中で乗ることも可能だが、通路に立ち乗りになるらしい。恐ろしい。

こっちの人の1日の収入は良くてP300程度らしく、このバスもかなり効果な部類にに入る。

 

 

基本的にフィリピン人は誠実でフレンドリー。タクシーなども会話すれば乗ってくるし、色々楽しい。