食費フィンランドの暮らし10月

フィンランドで暮らし始めて2週間が経過。

未だに英語は2割から3割しか聞き取れない。

——————————–

今日はフィンランドの生活@10月について書きます。

まず1つめ、食費がアホみたいに高い。

クロワッサン:1.3ユーロ(170円

缶ビール500ml:3ユーロ(400円

コーラ1.5L:2.65ユーロ(340円

サラダ1kg:19ユーロ(2500円

アホかな。サラダ100gでも250円するって。

日本なら西友のカット野菜150gで89円。フィンランドで150gも買ったら350円を超える。

家で食べるだけでもこれ。外食はもっと高い。ビールは最低6ユーロ(800円 カクテルなんかは10ユーロ(1300円 なんてのも当たり前。

食事自体も30~40ユーロ(4000円~5500円 で、ドリンクや食後の珈琲を頼むとトータル1万円ほどしてしまう。

暮らしにくいねー!

公共の交通機関は凄く発展している、電車、地下鉄、トラム、バス。

ただ全部高い。最低でも2ユーロ(260円)から、定期券とかなら1ヶ月7000円で市内乗り放題とか。

ただ、ベビーカー+子供がいれば公共交通機関は全部無料になったり優しさもある。

税金も高いし、家も高い。ちょっと広い家に住んだら月1500ユーロ(20万円

でも、子供がいれば助成金もでるし、たとえ大学院までいっても学費は無料。

また老後もある程度年金的なものがあるらしい。

だから、国を信用して少ない貯蓄で子供とともに暮らしていけるのかも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

電気代やネット料金は日本よりも安い。

電気:基本料金500円、7.8円/kWh

ネット:自宅50Mbpsで3000円ほど、モバイルでも月2500円払えば無制限。

日本のように7GB制限もないし、通信速度もLTEで100Mbpsでる。

なのでトータルで考えるとそこまで割高な暮らしではない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

そしてなによりも空気がきれい。水も蛇口から飲める。そして譲り合いの精神もある。

これだけでこの国に住む価値はあると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です